カーローン審査ではどういうことが知られる

キャッシングベスト3

来週末にカーローンの審査を受けようと思っています。新車を買いに行こうと思っているんですけれども、その時に気になることが一つだけあります。カーローンの審査に通らないほど収入が少ないわけじゃないのですが、他にカードローンがあるのはバレるのか?という点は気になります。

一応カードローンを使ってはいますが金額が少ないのでなんとかなるかと思うのですが、一応他にカードローンがあるのはバレるのではなければ問題ないのですが、どうなっているのかが気になります。落ちてしまうと、審査で車を手にできないのは辛いですから…

カーローンの審査では他にカードローンがあるのはバレる!

実は他にカードローンがあるのはバレるものですから、カーローンの審査をするときにはちゃんと話をしておいたほうがいいでしょう。あまり隠しておいていいことは全くないと思います。基本的に金融関係の審査というのは同じようなレベルの審査をされるので、カーローンの審査でも住宅ローンでも嘘をついたり隠し事をしたりしないほうがいいでしょう。

カーローンの審査で他にカードローンがあるのはバレるものですから、必ず借り入れをするときに話をしておくべきです。カーローン以外でも、カードローンでも同じようにカードローンのことはわかります。信用調査というものを行いますし、その信用調査にはどのような借り入れをしているか、借金はどうなっているのかが書かれているのです。

この信用調査をカーローンでも行うので、最初に他にカードローンがあるのはバレると思って間違いありません。もちろん金額が多すぎると審査に通らないということはありますが、あまり使っていない金額であれば問題なく通ることもあります。ですので先に話をして「これなら買い物できるか?」というのを新車のディーラーに話をしておいたほうがいいでしょう。ディーラーならなんとなく通る通らないの判断もできるものです。

銀行系でも消費者金融系でも借金があるということの判断自体は変わらないですから、まずはカードローンがあるということを話して、組めるかどうかを判断しましょう。

【参考ページ】
カードローンとカーローンはどちらも銀行が一番?

カーローン審査の重要ポイント!他にカードローンがあるのはバレる!

カーローン審査を受ける時に知っておきたい重要ポイントがあります。基本的に合格するためには自分の信用だったり、年収などが重要なポイントになりますが、意外と知らない人が多いのは現在持っている借金についてです。カードローンからお金を借りている状況ですと、それはカーローン審査において他にカードローンがあるのはバレるので注意をしたいところです。

これは必ずカーローン審査で現在どのような金融商品からどのくらいの借り入れをしているのかをチェックされることになるので、必ずバレます。基本的に申し込みをするときに申込用紙で現在の借入状況を申告することになりますが、それがそのまま申込先の会社が信じるわけはなく、しっかりと裏付けされます。金融会社は申込者の借入状況を簡単に調べることが出来ます。そのため、嘘の申告で申し込みをしてもチェックされると簡単に見破られるので、しっかりと正しい申告をしなければ自分の信用を落とすだけなので何もメリットがありません。

カーローン申し込みでは他にカードローンから借入している状況だと、それだけ返済能力は低く判断されてしまうので、やはり合格することは難しくなります。だからと言って嘘の申告をしても上記のように他にカードローンがあるのはバレるので必ず正しい情報から申込をしなければなりません。

他に借り入れをしている状況では、とにかく合格するために審査に通りやすい会社を選ぶか、先にカードローンの借金を減らすか、どちらかの選択をすることになります。色々な意味において、なるべく先にカードローンの借金を完済しておくほうがメリットとなります。借金がなくなると合格しやすくなりますし、返済を考えてもカードローンの返済がなくなっていればかなり重荷が減ります。

上記のようにカーローン審査を受けるときは見落としがちなこととして、他にカードローンがあるのはバレるということをしっかりと覚えておきたいものです。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンがあると車のローン審査に落ちやすい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.