カードローンのなりすましはバレるもの?

キャッシングベスト3

カードローンの審査はたまに抜けがあると言われていますが、どのようなレベルでの抜けがあるのかはまちまちのような気がします。そのようなカードローン審査において、例えばなりすましなどについてはどの程度見抜かれるものなのでしょうか。

最近は犯罪も多くなっていますが、バレるというのであれば犯罪者週んだんもやらないでしょう。逆にバレることはないと思われてしまえば、詐欺師集団などが借りるだけ借りて返済をしないということをしそうなものですが、どの程度なのでしょうか。

カードローンのなりすましはほぼすべてバレると思っていい

この犯罪を目的としているカードローンのなりすましというものについては、まず間違いなくバレるということは覚えておいたほうがいいでしょう。犯罪者もこういったことはよくわかっているので、念には念を入れて犯罪を行うようにしていますし、最近は制度が上がっているので信用調査があるような借金をだまし取ることは少なくなっています。

昔は信用調査の精度が低かったこともあって、偽造された免許証であるとか保険証を使っていたと言われています。特に偽造保険証についてはかなり多く流通していたようで、一時期は保険証を使った貸出というのを一切しないようにしていた、というような業者もいるくらいです。消費者金融も最近ではなくなりましたが、少し前までは警戒していました。

今は新余調査の情報もかなり精度が上がっていて借り入れをする時に瞬時にその人が誰7日がわかるようになっています。無人契約機を使うと、免許証などのコピーを取られますが、その時点ですぐに借り入れできるかどうかの判断がなされています。それだけスピーディーに信用調査のデータベースに当てはめられるのです。ですからまずなりすましなどをしてはバレると思っていいでしょう。

また借り入れをするときにも、ビデオカメラで見られている可能性が高いですから、他の人がローンカードを使ってなりすましをしてたとしたら、バレる可能性が高いでしょう。すぐにでも借入ができなくなる可能性もありますし、捕まる可能性もありますからやるべきではないでしょう。

【参考ページ】
家族には秘密のカードローン、どうやって作る?

キャッシングカードローンのなりすまし契約はバレる

キャッシングカードローンのなりすまし契約はバレるます。このなりすし契約とは、他人になりすましてカードを作成して、あとは限度額意一杯にお金を借りて、返済せずにそのまま雲隠れする悪質な行為になります。

どのように実行されるのかというと、偽造の免許証、そして落ちていた財布に運転免許証や健康保険証が入っているとそれを悪用して、携帯電話の契約をしたりお金を借りたりするなどに使われてしまいます。ただ、このような行為はすぐに発覚してしまいます。カードローンの審査の時に運転免許証を提示しますが、偽造かどうかを判断するためにチェックデジット機能があります。これは、キャッシング会社が表向きは本人確認の目的で運転免許証の番号を聴聞したり、インターネットで申し込みをする場合は申し込み画面に運転免許証の番号を入力させるのですが、この番号は規則性があり、でららめな番号で運転免許証を偽造すると、その番号をキャッシング会社のコンピューターに入力した時に、番号エラーででたらめな番号だと反応するようになっています。その場合、詐欺の疑いがある可能性があることになります。

そして、健康保険証ですが、この書類は顔写真がない本人確認書類ですので他人になりすましをしてカードローンの契約をするにはちょうどよい身分証になります。この場合、自宅に固定電話がなく連絡先が携帯電話のみで身分証が保険証だけだと、本人確認としては信頼性にかけます。そのため、地図確認が行われることがあります。審査担当者が地図を見ながら質問し自宅の近隣にどういった施設があるかなど質問されます。近くに小学校があるが何小学校かやコンビニの名前はなどです。

そこに住んでいるのであれば答えられる簡単なことですが、それが知らないとなるとなりすましで契約しているのではないかということになります。虚偽の事実が発覚してしまった場合は、一括請求されることもありますので、メリットは何もないです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.