イオン銀行のカードローンの審査は甘いのか

キャッシングベスト3

イオン銀行のホームページを見て思ったんですが専業主婦のひとでもカードローンが申し込めるということは、専業主婦って基本無職なんだから無職でも申し込めるってことで、それって審査が甘いってことですよね。だとしたらイオン銀行のカードローンは、どこよりも審査が甘いってこと?

配偶者がいれば専業主婦でも作れるけれど審査が甘いわけではない

イオン銀行で取り扱っているカードローンは確かに専業主婦やアルバイト、パートなどの、他の銀行や消費者金融では申し込みができなさそうなひとたちでも申し込みができてカードローンを使うことが可能になっています。アルバイトやパートの一般的に所得が低いとされているひとたちでもカードローンが使えるのは、収入があるという理由に他なりません。

銀行の中には、最低○○万円以上の年収が条件というキャッシングプランを用意しているところもありますが、イオン銀行のカードローンは○○万円から、という年収の制限は、こちらがわに公表しているわけではありません。それに、アルバイトやパートの場合は借りれ金額が、他の金額よりも低く設定されていて、大金を借りたりすることはできないようになっています。専業主婦も同じです。

また、専業主婦の場合は配偶者の収入が関係していて、配偶者に安定した収入がないという場合は当然お金は借りることはできません。

カードローンは、お金を必ず返してもらわなければならないシステムで、返ってくるお金に金利が発生することで利益を得ることができる品物です。貸し付けた相手に収入がなければ貸し付けたほうは、お金を返してもらえないという危険を伴うことになるので、収入は申し込みをするひとの絶対条件であると言えます。

アルバイトやパート、専業主婦を対象としたキャッシングプランは、本人たちの収入に応じた少ない額を融資することで、キャッシングを可能にしているというもので、審査が甘いというわけではありません。

また、審査が甘いわけではないので、無職のひとにはカードローンを作ることはできないので、間違えないように注意しましょう。

イオン銀行カードローンの融資審査は何故甘い?

個人向けの無担保カードローンといえば消費者金融の専門分野でしたが、現在では銀行や信販系の企業も提供するようになっています。申し込みを行ってから結果が判明するまでに時間がかからないので、急に予定が入ったような場合でも対応できる内容となっています。そんな中で注目を集めているのがイオン銀行カードローンです。

イオン銀行カードローンは最大800万円の融資が可能という大型の商品で、担保や保証人は用意する必要がありません。申し込み条件は満20歳以上65歳未満で、安定した収入がある日本国内に在住している人となっています。外国籍であっても永住許可を受けている場合は対象となります。また、パートアルバイトや専業主婦でも利用可能です。

イオン銀行カードローンは事業性資金での利用は認められてはいませんが、その他の使用についての制限はなされていません。生活費としてだけではなく、旅行や買い物のためにも使う事が認められています。金利は融資額により変動する仕組みで、700万円から800万円の場合は年3.8パーセントという数値が設定されており、長期利用にも対応できる内容を備えています。

イオン銀行カードローンの審査は、24時間いつでも公式サイトから申し込む事が出来ます。申し込み時に必要なのは、健康保険証や住民票等の身分証明証1通で、外国籍の場合は在留カードまたは特別永住者証明書等の書類も必要となります。融資希望額が100万円以上の場合は、年収を確認する事が出来る書類も準備しなくてはなりません。

イオン銀行カードローンは、通常の銀行の融資と比較すると金利は高めに設定されています。このために、通常の融資と比較すると審査に通りやすいと考えられます。審査に通りやすいという事は、甘いという表現が用いられます。

他の金融業者のカードローンと比較すると甘い?というイメージが持たれますが、イオン銀行が提供している商品の中では甘い部類に入るのは間違いありません。金利が高いという事はリスクを見越しての早期回収を視野に入れているからであり、申し込み者の細部にまでの入念な調査は行われないのが通常です。
(⇒審査が甘い銀行カードローンを利用した体験談

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.