一括返済を使うときの銀行への連絡について

キャッシングベスト3

イオン銀行のカードローンを使っているので毎月の返済をしています。今月は、いつもよりも多く収入があったので残りの分を全部返してしまおうと考えているのですが、その場合は銀行側に連絡を入れてから支払ったほうが良いですか?

連絡をしたほうが一括返済をするときの注意点を知らせてもらえる

住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどといった使用目的が決められていて、所得や勤続年数についての基準が厳しいために審査を通過するためのハードルが高いと言われているローンと違って、事業資金以外なら何のお金にしてもいいうえに審査も比較的通りやすくなっていることで人気を集めているカードローン。

中でも「銀行系カードローン」と呼ばれているものは、銀行ならではの低い金利とカードローンのスピーディーな面をあわせ持つ便利なローンのひとつです。そんな銀行系カードローンは、ただ使うだけでも便利でお得なものですが、賢く使えばもっとお得に使うことができるのです。

ローンの返済方法のひとつに「一括返済」というものがあります。これは、毎月計画的に返済していっている借り入れた分の残りの金額を一括で支払ってしまうもので、計画していた返済の期日よりも前に返済できるので、その分の金利を減らすことができ、結果的に返済総額を最小限に抑えることができます。

イオン銀行のカードローンでは、一括で返済できるのは元金(元々借りた分の金額)のみになり、返すまでに発生した金利については、また後日に別で支払うというシステムになっています。また、一括返済でお金を返すときには銀行側に「この日に一括でお金を返します」という連絡をしておいたほうが、その方法を利用するときの注意点などを詳しく説明してもらえるので、電話連絡などはしておいたほうが良いでしょう。

また、一括返済をした場合に手数料が掛かることがあり、この手数料が意外にも高くついてしまう可能性があります。

一括返済をすると最初の返済計画で予定していた返済総額よりも少なく抑えられるので、臨時収入などで借りたお金を全部返せるような金額を得た場合には一括で返してしまうほうが、返済した日までの金利分で済むので、一括返済をしたほうが負担が軽くなります。しかし、この方法は借り入れをしたばかりの、最初のほうで使えばお得ですが、もう完済に近づいた時期に一括で返済してしまうと手数料分で支払い金額が高くなってしまうことがあるのです。そういう場合は、一括返済をするよりも毎月の決まった返済日にコツコツ返していくほうが総額は計画通りの金額だけれど得だった、という結果になります。

上手に使えばカードローンは、ますます便利でお得なものになります。イオン銀行のカードローンを上手く使いこなして、金銭的なピンチから早く脱出しましょう。

イオン銀行のカードローンは一括返済できるのか

手持ちのお金が足りないかたや、新しい事業を始めようと思うけど資金が足りないという方にはイオン銀行のカードローンがお勧めです。イオン銀行のカードローンでは3パーセントから14パーセントという低金利で最大800万円まで融資を受けることが可能ですし、100万円までは収入証明書が不要なためお手軽に融資を受けることができます。 またイオン銀行のカードローンでは専業主婦や学生の方でも申し込みを行うことができますので、融資が必要な方は一度相談してみてもよいと思われます。

 しかしカードローンを組む時はその契約書の返済の方法についての部分をしっかりと読む必要があります。これは借り入れ分は返済したのにいまだに毎月の利子はなぜか請求されており引き落としがなされている場合があり、借主は知らない間に過払いとなっている場合があるためです。過払いを行ってしまった場合はこの部分について返済を訴訟などの形で請求しない限り、過払い分を取り戻すことはできませんので、面倒なことになる前に返済した場合の利子はどうなるのかについてしっかりと呼んでおく必要があるのです。

 このことは、返済日より前に貸金を一括返済することはできるのかと関連して問題となります。まず結論から言うと借主は貸主に対して一括で返済を行うことができます。これは返済日の定めというのは債務者に返済の猶予と貸金の利用日数を与えたもので債務者の利益のために定められたものであるためで、債権者の利益のために設けたものではないためです。この返済日まで債務者が貸金を利用できる利益のことを期限の利益と法律上は言います。期限の利益は債務者に認められたものである以上、債務者のほうから期限の利益を放棄することも可能です。そのため返済日を待たずに一括返済することは可能なのです。

 この時、債務者が返済を行った日から契約の返済日までの期日に発生した利息についてはどうなるのかというと、期限の利益は再検査yの利益ではないので、李氏は発生しないことになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.