子どもも小学校に上がって経済的に落ち着いたし、家は両親と持家に同居なので、戸建て住居を購入して、賃貸したいと思ってます。先日良い物件を見つけたのですが、残念ながら銀行に相談したところ、融資を受けることが出来なく、購入することが出来なかったんです。

いったんは諦めましたが、両親のこともありますし、やっぱり将来的に副収入があれば良いなと思い、再度チャレンジしたいと思ってます。戸建賃貸のための融資してくれるところはありますか?

戸建賃貸のための融資なら日本政策金融公庫が良いでしょう

家賃収入を望む人は多いけど、賃貸のための住宅を購入するのは意外に大変なの。自分が済む家を購入するのと違って、融資してくれるところが少ないのよ。銀行もなかなか融資してくれないのが実情なの。それで諦める人も少なくないけど、戸建賃貸のための融資なら、日本政策金融公庫に相談してみたらどうかしら。相談は電話や窓口、また商工会議所や商工会でも受け付けてくれるわ。

日本政策金融公庫っていうのは、個人企業や小規模事業者のための融資や教育のための融資をしてくれる国民生活事業と、農林水産業者への融資をしてくれる農林水産事業、そして中小企業への融資をしてくれる中小企業事業の3つがあって、戸建賃貸は事業にあたるから、国民生活事業の融資対象となるのよ。だから戸建賃貸のための住宅購入費用やリフォーム代金などの融資をしてもらえるの。申し込みはホームページからでも出来るから、入力してみたらどうかしら。

戸建賃貸は、集合住宅の賃貸と違って、長期にわたる高収入を得られるけど、その分、部屋が空いた時のリスクも大きいし、維持費も掛かるの。だから借り手の見つかるある程度の良い物件を購入して、長期間に渡るケアも必要なのよ。それにはこの日本政策金融公庫で融資を受けて、戸建賃貸を成功させましょう。

あえて不動産投資の融資を受けなくても戸建賃貸という手もある!

サラリーマンの人達が株式の次にハマっているのが、不動産投資だと言われています。お金が余っているサラリーマンの人達がこぞって不動産投資をしているのを見ると、「自分にもできそうだ」と思うかもしれません。中には1000万円以上の家賃収入を得ていて、サラリーマンをしなくてもいいんじゃないかという人もいるくらいです。

そんなサラリーマンの人たちがハマっている不動産投資ですが、不動産投資のために必要な物が銀行からの融資です。銀行融資がなければ余程の金持ち以外は不動産を借り入れすることなんてできません。お金持ち以外が不動産投資をするためにも、お金を借りるということが必要になるのですが、融資を受けられない人も中に入るでしょう。

そういう時にはもう一つの方法として戸建賃貸という方法があります。これならば、不動産投資用の融資がなかったとしても出来る人は多いでしょう。そもそも戸建賃貸というのはわからない人も多いかもしれませんが、一戸建てを賃貸として貸出するという方法です。マンションやパートがメインの現在、かなり珍しいといえるでしょう。

この戸建賃貸のいいところは自分が今持っている家の一部の家を貸出しするという方法も使えることです。部屋を一つだけ貸出しするという方法が使え、コレならば有効に一戸建てを使うことができるでしょう。戸建賃貸は住宅ローンを支払っている家であっても大丈夫ですし、非常に使いやすいものです。もちろん、そこでリフォームをして、1階と2階に分けるなどしてもいいでしょう。

いろいろな方法がありますが、あえてアパートやマンションのような部屋を買わなくてもいいのが、戸建賃貸のいいところです。今住んでいる場所に他の人が住んでも問題がない、そういう人であれば融資を使わなくても言い分便利に利用できるでしょう。おそらくいちばん不動産投資としては融資も使わなくてもいいので、ハードルは低いかと思います。

このような戸建賃貸という方法は不動産投資のノウハウにもほとんど載っていない方法ですけれども、使えると思いますんで、どんどん使っていくといいと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.