僕はまだ新入社員で給料も安いので、付き合いの飲み会なんかが続くと給料日前にはかなり生活費がヤバイ状態になります。しかもスーツだけじゃなく、カバンとか靴とか働きだしてから必要なものも結構あって、お金も掛かるんですよね。今月はそんな買い物もあってかなりピンチだったので、カードローンに申し込んだんですよ。

CMとかでも有名な大手消費者金融に申し込んだんですが、審査に落っこちちゃったんですよね。学生の頃は学生専用ローンで借りたこともあったんですが、今はもう完済しているし・・。カードローンの審査で落ちる理由って何ですか?

カードローンの審査で落ちる理由の多くは過去の返済遅滞の履歴です

新入社員のうちはお給料が安いから一人暮らしだと結構大変なのよね。カードローンの審査に落ちちゃったのはショックでしょう。でもしょうがないわね。大手消費者金融の審査に落ちてしまったんなら、他のところでも落ちる可能性が大だから諦めて節約して乗り切るしかないと思うわ。

まず落ちちゃった理由として第一に考えられるのは、過去に返済遅滞の履歴があるってことね。学生時代にローンを利用していたっていうことだから、多分その時に返済が遅れたり滞ったりしたことがあったんじゃないかしら?こういう履歴は信用情報機関に記録されて5年間は残るから、その間どの金融機関の審査も落ちてしまうの。あなたの場合はちゃんと就職もしているのだから、それしか考えられないのよ。

もし理由がそれだと残念ながらしばらくはどこのカードローンも利用出来ないから諦めましょう。中小企業の中には審査に緩いところもあるけれど、そうしたところは闇金である可能性も高いから避けた方が賢明よ。くれぐれも気を付けてね。ただ、もし学生時代に返済遅滞の事実が無かったのであれば、他に原因があるはずだから、一度自分で信用情報機関に開示の申し込みしてみると良いわね。電話や郵送でも簡単に申し込めるからやってみてね。

カードローンの審査に落ちてしまう典型的な理由とは?

どうしてもカードローンの審査に落ちてしまうという人、そういう人はある典型的なパターンに陥っている可能性があります。カードローンの審査というのはそこまで複雑なものではありませんから、理由がちゃんとわかれば通ることも多いでしょう。そこで典型的な理由を紹介しますので、後はそれをうまく避けられるようにしましょう。

まず一番多くあるのは嘘を書くということです。しかも相手が見破られるくらいのウソですから、かなりレベルの低いものといえるでしょう。例えば年収を倍にしてみたり、働いていないところを書いたり、電話番号や住所をウソのところで記入したりなどなど…いろいろな方法があるかと思いますが、こういうウソはまずばれると思っていいでしょう。そして借入もできなくて当たり前なのでやめたほうがいいです。

他にも典型的な理由としては、借入金額が多すぎるというものもあります。借入金額が収入や信用調査に比べてあまりにも多いという時には通らないことが多いです。信用がたまっている人であれば多少収入が少なくても通る可能性はありますが、最初はたいてい数十万円スタートなので、それ以上を望むと審査ではねられる可能性は上がるでしょう。

また今でも未だあるのが消費者金融を主婦が受けたりすることです。消費者金融はカードローンのなかでも貸金業に当たり、総量規制の対象になってしまいます。専業主婦であれば、借り入れをする場合には夫からの同意書が必要になるので、それがなければ当然審査に落ちてしまうでしょう。銀行系カードローンならばこのようなことはないのですが、消費者金融とうまく使い分けなければなりません。

典型的な理由としてはこの辺りが考えられますが、他にも人によっていろいろな理由があるかと思います。ちゃんとどうして審査に通らなかったのかを分析し、その理由を克服することができれば、カードローンの審査に通るようになるでしょう。ウソを書いていないか、借りすぎていないかなどをしっかりとチェックしてみてください。それでみなさんの借入審査に通る確率は格段にアップすると思われます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査】5分で決まり!これであなたも借入名人! All Rights Reserved.